住理工商事株式会社

事業紹介

住理工商事の事業展開

住友理工グループは「自動車」「エレクトロニクス」「インフラ」「住環境・健康介護」の4つの分野で全世界に高品質な製品を
安定的に 供給する“Global Excellent Manufacturing Company”を目指しています。その中でわたしたち住理工商事は住友理工の総合商社として、
既存事業の拡充はもちろん、新市場・新領域への事業展開を積極的に進めています。

事業紹介

インフラ分野
地震の脅威から高速道路や橋といったインフラ網を守る橋梁用免震ゴム支承など、住友理工グループの製品は産業の基盤づくりや公共交通の発展に寄与しています。新幹線や電車をはじめ鉄道車両の台車部分に使用される鉄道車両用防振ゴムは国内でトップのシェアを確立し、海外でも採用されています。
景観デザイン分野においては多様な意匠の化粧型枠と画期的な埋設型枠でお客様のご要望にお応えします。
※住友理工推定
住環境分野
人々が安心して暮らし、学び、働けるのは安全な家屋や建物があってこそ。
住友理工の地震対策システム「TRCダンパー」は、戸建住宅に加えオフィスビルやマンションなどの高層ビルに設置され、地震時の揺れを吸収して建物の揺れを大幅に低減します。
「夏は涼しく、冬は暖か」を実現する窓用高透明遮熱・断熱フィルム「リフレシャイン」も工場やオフィスだけでなく、鉄道車両でも採用されるなど快適な居住空間の実現に向け、需要はますます高まっています。
健康介護分野
柔らかいセンサー技術を搭載した医療・介護・健康分野の製品を展開しています。圧力を可視化するSRソフトビジョンなど、これまでありそうでなかった技術を応用し、介護・医療の臨床現場で身近に取り扱えるものとした機器の開発によって、介護サービスを受ける方や患者様のQOL(生活の質)向上に貢献します。